代表メッセージ

IMG_5627.JPG

北坂戸サッカークラブ
代表 三谷 良昭

クラブ運営

子供をサッカークラブに入れると「保護者の負担が多くて大変」という話をよく聞きます。小学生の子供達の習い事ですから、どんなことであっても少なからず保護者の負担が生じることは言うまでもありません。サッカーを生業(なりわい)として活動をしている、いわゆる「クラブチーム」でも「保護者の負担はない」と標榜しつつも「高額な会費」や「現地までの子供の送迎」など、それ相応に保護者の負担が生じているのが現実です。
そのような中、当クラブでは、クラブ活動をお子様のただの習い事にするのではなく、子供、保護者、指導者、後援会員など様々な方々の交流を通して、家族で楽しみながら子育てができるチームを目指して活動しています。クラブ活動を通して、お子様の成長を間近で感じたり、保護者間の子育てにおけるコミュニケーションを楽しんだり、チームに関わる全ての方々が、地域や家庭で心豊に充実した暮らしができるよう昔ながらの少年団活動の良い面を残しつつ活動を行っています。

また、当クラブでは、40年以上培ってきた方法により、家計に優しい(金銭的負担を最小限)運営を行なっており、保護者の役員負担も廃止することで役員を強要されることなく、どの家庭でも安心してクラブ活動に参加できるよう運営面において様々な工夫を行なっています。その一方で、保護者のチームへの関わりは、当クラブでは「義務」ではなく「権利」であると考え、積極的に運営(指導者は除く)に関わっていただける方には大歓迎でご協力をお願いしています。保護者の皆様には、家庭とは違った環境でお子様と接していただくことで、クラブを一つのファミリーとして温もりのある活動を共有していただきたいと考えています。

指導体制

当クラブの指導者には、公益財団法人日本サッカー協会公認の有資格を義務付けており、当クラブを卒団したOBであることを就任の条件としています。そこには、指導に必要な適切なスキルがあることと、少年時代に当クラブで選手として学んだ貴重な経験を現役世代に還元させることなど、ブレない指導を実現するねらいがあります。

また、当クラブには、少年団にありながちなサッカー経験のない子供の保護者が指導者となる、いわゆる「お父さんコーチ」がいないのも特徴です。豊富なサッカー経験と指導スキルを持って、子供達の気持ちに寄り添いながら指導に当たっています。

チームづくりの基本

1979年のクラブ創設以来「個人技とアイディア」を指導理念に掲げ、技術力向上を指導の基本としてきました。当クラブは、「目先の勝利」だけにこだわらず子供達の将来を見据えた技術力向上と、楽しみながらサッカーが体験できる全員サッカー(全員がレギュラーメンバー)のチームづくりを基本としています。

 

子供達の輝かしい未来に向けて

クラブを卒団していった子供たちの中には、サッカーの日本代表選手をはじめ、Jリーガーや審判員、クラブの社会人OBチームの選手など、サッカーを生涯スポーツとして様々な分野で活躍しているものがたくさんいます。

輝かしい未来があるお子様のサッカー経験の第一歩として、当クラブを選んでいただけたら幸いです。